/  

2018/10/5(Fri)-8(Mon)『エントロピーの楽園』犬島公演 特設サイトOPEN!!!

ANTIBO HQ

In news Posted

ANTIBODIES Collectiveが瀬戸内を舞台にこの秋に発表する過去最大規模の作品「エントロピーの楽園 犬島公演」特設サイトOPEN!!!!!!
http://inujima.antibo.org/

『エントロピーの楽園』

 

不確定性のアルゴリズムによって

再生と崩壊のモジュレーションを繰り返し

自己育成的に思想と原動力を発生する運動

暗い海に浮かぶ

エントロピーの楽園

私たちの舞台である


2018/10/5(Fri)−8(Mon・祝)
受付15:30  開演 16:30(上演時間90分を予定)
岡山県岡山市犬島全域

 

日本の建国神話の舞台となった豊穣の海に浮かぶ美しい離島・犬島は、
その穏やかな声で激動の時代に翻弄された古里を物語り、近代化の真実と行く末を私たちに問いかけています。
江戸時代には石切業、その後は銅の精錬で栄え、最盛期には5,000人以上が暮らしていた島の現在の住民人口は50人以下。
明治の近代化にはじまり富国強兵と世界大戦、戦後の高度経済成長、そして現代における少子高齢化、今後は気象変動による水面上昇や、世界的な経済恐慌の影響も予測されます。

この島を舞台に、物事の変化に関する最も重要な概念である「エントロピー」をキーワードに、環境風土、歴史、生活文化と向き合い、互いに鍛錬し交差しつつ、難解と思われる問題の底に隠された本質的な単純さを見つめながら、人間精神の解放を目指す新しい社会への洞察を深め、すべての人が体験できる形で実験的状況を展開していくこと。
それはコレクティヴ自体の活動原理そのものであります。

上演中、島内のあらゆる地点に、風、岩、海、虫などの自然物や、島の廃屋や廃材を利用したインスタレーションやパフォーマンスが配置されます。
終演後には、岡山近郊で活動する食文化のクリエイター、パフォーマー、
ミュージシャンたちとのコラボレーションによる「村」が出現し、様々な催しを繰り広げながら、地域コミュニケーションの可能性を模索します。
瀬戸内の島々や岡山への旅に合わせ、ぜひご参集ください。

 

<Information>
DATE:2018/10/5(Fri)−8(Mon・祝)
開演 16:30 (上演時間120分を予定。終演後、海辺に「村」が出現します。)
受付 15:30
PLACE:岡山県岡山市犬島全域

特設サイトはこちら!

<Ticket>
■チケット料金(自由回遊形式、税込)
一般:前売3,500円 | 当日 4,000円
ユース・学生:前売3,000円 | 当日 3,500円
高校生以下:1,000円
未就学児無料

■チケット予約フォーム

クリックした日時の購入画面が表示されます。

2018/10/5(Fri)

2018/10/6(Sat)

2018/10/7/(Sun)

2018/10/8(Mon・祝)

 

<MEMBERS>
コンセプト・構成・音楽 : カジワラトシオ
振付・出演 : 東野祥子
空間演出・美術・装置 : OLEO
特殊効果・美術 : 関口大和
ドラマトゥルグ・出演 : 石橋源士
即興演奏・パフォーマンス : YPY、JON(犬)、夏の大△、MEGANE、ALKDO、CazU23 、置石、GUILTY CONNECTORほか

身体パフォーマンス: ケンジル・ビエン、吉川千恵、加藤律、矢島みなみ、ミナミリョウヘイ、田路紅瑠美、尾身美苗、斉藤成美、もっしゅ、松木萌、菊池航、石井則仁、山本泰輔、松原東洋、小川摩希子、川瀬亜衣、オーディション通過者、島民のみなさん、ほか

美術・テクニカル:ヤノタカオ、西村立志、倉持裕二、Moriken、Wacky、ifax!、三橋玄、ハオニロ、ほか
照明 : 藤本隆行(Kinsei R&D)
衣装:HE?XION!、西岡七歩子
音響:佐藤孔治(Slim Chance Audio)、HAMASTAR
宣伝美術 : 濱大二郎
デザイン :関根日名子
制作:古原彩乃

ANTIBO 村参加アーティスト:京都・村屋、 南風食堂、Give Me Vegetable、自然食 コタン、Paradise Alley、大大大、 内橋和久、bonobo、MIDI -Sai 、PIKA、Koo*Neeほか
(出演日、詳細などはHPにて発表)

協力:犬島町内会、犬島婦人会、犬島元気市、在本商店、Trees、Shimashima、 Ukicafe、KAMP

制作協力:zakkiiee、那木萌美

<ACCESS>
岡山県岡山市犬島全域

■犬島までのアクセス 詳細は特設サイトへ!
http://benesse-artsite.jp/access/
※JR、バス各社のホームページなどで必ず事前にご確認ください。道路状況や天候等の状況により、交通機関の運行に遅延・欠航が生じる場合がございますので、お時間に余裕をもってお越しください。
※終演後、宝伝港と岡山駅までの送迎船・バスの運行があります。送迎船・バス以外の公共交通機はありません。

 

<お問い合わせ>

ANTIBO HQ
TEL 090-8368-6578(代表)
Mail contact@antibo.org

 

主催 : ANTIBODIES Collective

助成:公益財団法人 福武財団、芸術文化振興基金助成事業、公益財団法人 セゾン文化財団、京都芸術センター制作室支援事業

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。