/  
WORKS

エントロピーの楽園 @横浜

Project details

『エントロピーの楽園』

DATE:2018/04/28(Sat.)-29(Sun.)3回公演

PLACE:横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール

Performance

コンセプト・構成・音楽 : カジワラトシオ
振付・演出 : 東野祥子
空間演出・美術・装置 : OLEO
特殊効果・美術 : 関口大和
映像 : 斉藤洋平(ROKAPENIS)
ドラマトゥルグ : 石橋源士
即興演奏・パフォーマンス : JON(犬)、中原昌也、MEGANE、置石

即興演奏:HIKO(GAUZE) 28日、和田晋待(DMBQ・巨人ゆえにデカイ)29日

身体パフォーマンス : ケンジル・ビエン、吉川千恵、加藤律、矢島みなみ、ミナミリョウヘイ、田路紅瑠美、尾身美苗、斉藤成美、モッシュ、松木萌、菊池航、石井則仁(山海塾)

照明 : 藤本隆行(Kinsei R&D)

衣装:HE?XION!、西岡七歩子
美術・テクニカル:倉持裕二、Moriken ほか
舞台監督:尾崎総
テクニカル・アシスタント:ヤノタカオ

音響:Otodashi
宣伝美術:河村康輔、関根日名子

制作 古原彩乃

ANTIBODIESのアーティスト(ダンサー・音楽家・ 美術家・映像作家・ドラマツルグ、照明家など)による赤レンガ倉庫3階ホール全域を使ったマルチ・パースペクティブパフォーマンス作品。

2017年12月、京都芸術センターにて発表した作品『DIS/LOCATION DANCE』を、2018年10月の犬島全域での本公演に向けて、横浜赤レンガ倉庫ホールにて再構成・再演出を行った。ホールを最大限活用し、メインホール以外に回廊、バックヤード、ホワイエなどを回遊できる空間とし、観客はさまざまな場所に仕込まれた美術やパフォーマーと出会う、自由回遊型形式の作品として上演。

「エントロピーの楽園」

 

不確定性のアルゴリズムによって

再生と崩壊のモジュレーションを繰り返し

自己育成的に思想と原動力を発生する運動

暗い海に浮かぶ

エントロピーの楽園

私たちの舞台である

 

+++++++++

Share on
Previous

Creative Independence Performance Series Vol.1

Next

エントロピーの楽園@犬島