Schedule

2017/8/8,9 ANTIBODIES Performance in 西部講堂

『残響』

  まるでリゾートのビーチに打ちあげられたクジラの亡骸のようなこの建物は何故いまもここに在るのか? 

問題は変わっていくことではなく、金や権力に支配された風景が凡庸そのものであるということである。

この廃墟であり神殿でもある場所、現実と神話の狭間に残された空洞の中に立ち、
その過去と現在を共振させて量子的に揺さぶるようなことがしたい。

それは皆でやるダウジング儀式のような遊びであると同時に、高い周波数で試みる批評的冒険でもある。

 

この作品は、ANTIBODIESの世界に音楽家が加わることにおいて、また新たなる空間の変容を垣間見ることになります。

DAY1



ANTIBODIES COLLECTIVE x灰野敬二



DATE:2017/7/8(Sat.)-.
Performance 17:00 start- (open16:30)

演奏:灰野敬二

演出・出演:ANTIBODIES Collective

*注意事項* 全席禁煙


DAY2



2017/7/9(Sun.)
17:00 Start (Open 16:30)

演奏:
二プリッツ
Acid Mothers Temple & The Melting Paraiso U.F.O.
BLONDnewHALF
BING
and more.

演出・出演:ANTIBODIES Collective


PLACE:西部講堂
(京都市左京区吉田泉殿町東大路通 京都大学 吉田キャンパス内)

TICKET:全席自由/回遊形式

一般前売 2,800円 / 当日 3,300円 2日間 通し券4,000円
・ユース(25歳以下)・学生 (要学生証)前売 2,500円 / 当日 3,000円 通し券3,500円
・高校生以下[前売・当日] 1,000円


◾️TICKET 取り扱い
WEB:: www.antibo.org
MAIL:: ticket@antibo.org
Tel::090-8368-6578

SHOP:: ヒト族レコード Smoke me ilili

< < WEBからのご予約はこちら > >


ANTIBODIES 『残響』公演チケット予約


ANTIBODIES Collective]
演出/音楽/出演:カジワラトシオ
演出/振付/出演:東野祥子
美術:OLEO
映像:斉藤洋平 (Rokapenis)
特殊映像:関口大和
照明:筆谷亮也
出演:ケンジル・ビエン、吉川千恵、加藤律、田路紅瑠美、尾身美苗、ミナミリョウヘイ、斎藤成美、マツキモエ、菊池航ほか
美術スタッフ:ヤノタカオ、西村立志、モリケン
音響:佐藤孔治 サウンドシステム:SlimChance Audio
記録:Arai Yoshihiro、井上義和、Bozzo
宣伝美術:HAMADARAKA
フライヤーデザイン:真壁昴士


【プロフィール】


灰野敬二(はいの・けいじ)

1952年、千葉県生まれ。1970年、エドガー・アラン・ポーの詩から名を取ったグループ「ロスト・アラーフ」にヴォーカリストとして加入。1978年にロックバンド「不失者」を結成、ハードロックに全く新しい強力で重層的な次元を切り開く。現在は、ソロ演奏のほか不失者、滲有無、哀秘謡、静寂、Vajra、サンヘドリン、Nazoranai、Hardy Soul、Experimental Mixture名義でのDJ、セッションや他ジャンルとのコラボレーションなど多様な形態で国際的に活動を展開。ギター、パーカッション、ハーディ・ガーディ、各種管弦楽器、各地の民間楽器、DJ機器などの性能を研ぎ澄まされた身体性と独自の演奏技術で極限まで引き出し生み出される比類のない音は、超越なきシャーマニズム、荒れ狂う知性と認識に満ちている。


ニプリッツ

だててんりゅう、頭脳警察、裸のラリーズと70年代日本ロックの伝説的グループを渡り歩いてきた、ひろしNa(燻裕理)率いる「ニプリッツ」アルバムは「裏窓」「泥棒ごっこ」「講堂ブギ」「ギターに夢中」など、揺れねじれるヒロシの歌とギター、ジン(故チャー坊による再結成村八分のギタリスト)の鋭く冴え響くプレイ、艶やかな魅力をふりまくジュンコのベース・ライン、タイゾーの安定したドラム。


Acid Mothers Temple & The Melting Paraiso U.F.O.

1995年、河端一を中心に結成。1997年、PSF Recordsより1stアルバムをリリース、英Wire誌にて年間ベストアルバムに選出される。2017年現在約80枚のアルバムをリリース。また1998年以来、欧米諸国を中心に精力的にツアーを行う。 GONG、GURU GURUとの合体、Simeon (Silver Apples)やNik Turner (ex.Hawkwind)、南仏オクシタン・トラッド歌手Rosina de Peiraとの共演なども行う。現在のメンバーは、オリジナルメンバー河端一を中心に、東洋之、ミツコ☆タバタ、砂十島NANI、WOLF (aka.S/T)の5名。


BLONDnewHALF

砂漠から還ってきたドラム、河から這い上がってきたベース、アニメから飛び出したギター、宇宙から降りてきたボーカルの4人から成る時代遅れNEW WAVEバンド。数多のライブを行い、この夏8年ぶりに高知の男道レコードより最高級ニューアルバムをリリース。メンバーは、家出ジョニー(vo)はまちゃん(b)じんた(g)COZ (d)


協力:京都大学 西部講堂連絡協議会、山中友里、澤野祥三、森川史子

お問い合わせ:ANTIBO HQ:TEL 090-8368-6578(代表)

WEB www.antibo.org
Mail info@antibo.org

主催 : ANTIBO HQ

助成:セゾン文化財団


■アクセス

京都大学西部講堂

京都市左京区吉田泉殿町東大路通 京都大学 吉田キャンパス内

<電車>京阪電鉄出町柳駅2番出口から東へ徒歩約10分

<市バス> JR京都駅から17番・206番系統 百万遍下車 南に3分

阪急河原町駅から3番・17番・201番系統 百万遍下車 南に3分



Performnce Action!



[Reverberation]

2017/7/8(Sat.) 17:00 Start 16:30 Open

Performance:ANTIBODIES Collective x Keiji Haino



2017/7/9(Sun.) 17:00 Start 16:30 Open

Perforamnce: ANTIBODIES Collective, Acid Mothers Temple & The Melting Paraiso U.F.O.,NIPLITZ,BLONDnewHALF,BING and more.

Place: Kyoto University SEIBU Hall