Schedule

ANTIBODIES Performance in 橋の下世界音楽祭2017

ANTIBODIES Collective Performance 

『惑星共鳴装置』(橋の下Ver.)

UNIVERSAL MODULATOR”

2017/5/26(Fri.), 27(Sat.), 28(Sun.)

会場 : 豊田大橋 千石公園

昨年に引き続き、今年も草原ステージエリアの広いエリア内にて ANTIBODIESのインスタレーションとパフォーマンスを行います。

また、ANTIBO Site では独自のライブやパフォーマンスが実施されます。詳細はしばしお待ちください。

詳細 橋の下世界音楽祭2017

ANTIBODIES Collective Member

演出・音楽・出演:カジワラトシオ

演出・振付:出演:東野祥子

美術:OLEO

特殊映像:関口大和

ドラマツルグ:石橋源士

サウンドパフォーマンス:夏の大△+紐泡霧

自家発電ポールダンス:Megane

出演:ケンジルビエン・JON(犬)・石橋源士・加藤律・ミナミリョウヘイ・田路紅瑠美・尾身美苗・斉藤成美・菊池航・小川摩紀子・田辺舞・清水

美術スタッフ:矢野貴雄・西村立志・moriken

 

◼️作品ノート

”この惑星の自然環境が激動の時代に突入したことは、人間社会においても様々な境界が更に交錯し衝突を激化することを意味している。この壮大な破壊が意味しているのは、私たち自身が新しい身体性を会得し、この惑星、もしくは宇宙的時間との関係性を更新する、創造と進化の時間でもあるだろう。深いカオスに取り囲まれた箱庭のようなこの舞台、それは原初の時代から私たちが受け継いできた宇宙的交信の場では無いだろうか?”

 

UNIVERSAL MODULATOR”

A new performance by a group of dancers, engineers, visual and sound artists collaborating on turning an autumn garden into a grand experimental theatre. In past works ANTIBODIES COLLECTIVE has focused on working outside of the box and in alternative and found spaces, ranging from a deserted shopping arcade to a massive underground water reserve. Through series of investigation and experiments the event will unfold as an hour long performance involving 10 plus performance artists. All the mechanics, light and sound will be solar powered. The audience is invited to roam around the performance area to experience it as it progress in simultaneous and layered manner. This performance will take place mainly in the garden area of HASHINOSITA Festival.