Latest Posts

2017/7/8,9 ANTIBODIES Performance in 西部講堂

『残響』   まるでリゾートのビーチに打ちあげられたクジラの亡骸のようなこの建物は何故いまもここに在るのか?  問題は変わっていくことではなく、金や権力に支配された風景が凡庸そのものであるということである。この廃墟であり神殿でもある場所、現実と神話の狭間に残された空洞の中に立ち、その過去と現在を共振させて量子的に揺さぶるようなことがしたい。それは皆でやるダウジング儀式の
...read more

2017/5/26-28 橋の下音楽祭 Performance&Installation

ANTIBODIES Collective Performance & Inatallation in HASHINOSITA FESTIVAL 『惑星共鳴装置』(橋の下Ver.) DATE : 2017/5/26,27,28 PLACE : 橋の下世界音楽祭 豊田大橋下 千石公園 Info : SOULBEATZERO2017 昨年の参加に引き続き、本年はさらにスケー
...read more

11/3-13 ANTIBODIES Kyoto 西部講堂 Performance&Installation

ANTIBODIES Installation / インスタレーション & Performance / パフォーマンス 「『A界隈』とは何だったのか?」 劇場のシステムの外で舞台芸術作品の公演を実現すること、もしくは「自由回遊型」や「重層型」と名付けられた独自の公演形態を探求してきたANTIBODIESが、その蓄積をもってパフォーマンス芸術の可能性とその役割を京大西部講
...read more

See more