/  
ANTIBODIES Collective New Creation

/

2021/11/6,7 NEW Performance=============

 

現前における具体的行為の実験性のなかにその可能性を求めてきたアンチボが 新しいメディア環境が構築する「リアリティー」と向き合い身体感覚の変容のなかに限界を探る実験プロジェクト!!

巨大な工場を舞台に、全国に散らばる多ジャンルなアーティストが南淡路島に集結し、スケールの大きな舞台芸術作品を構築します。現在進行中の作品の公開映像撮影と観客に向けた舞台公演を行います。

 

 

+++++++++++++++++++++++++++

*令和3年度(第76回)文化庁芸術祭参加公演*

-A Decade of Regression and Regeneration- 

『あらゆる人のための、誰のためでもない世界』

 

システムの亀裂に沿って現前化するアンチボの

トラウマ的パフォーマンス空間へようこそ。

 

Showing / Performance

=日時= 2021/11/6(sat.)+7(sun.)  受付/16:00  開演/16:30  終演/18:00

=会場= 兵庫県南淡路市ダントータイル 福良事業所 特設会場

 

=料金=

大人前売:¥3000 当日:¥3500、

学生前売:¥2500  当日:¥3000、

小中高生:¥1000 (前売当日一律)、

未就学児・乳幼児無料

※感染症感染予防対策で入場者数確認の為、要事前申込)

 

=チケット申し込み=

前売り予約サイト

☏ ⇒08048216545 (制作)

EMAIL⇒ ticket@antibo.org

*ご予約の際は、お問い合わせ件名を【ANTIBO 淡路島公演】とし、お名前・お電話番号・メールアドレス・ご希望日、チケット種類と枚数をお知らせください。

 

=アクセス=

=公共交通機関でお越しの方々へ=

  • 高速路線バス【神戸三宮・舞子~淡路島(福良)線】(神姫バス・淡路交通)を利用する

⇒神姫バス・三宮バスターミナル(JR三宮駅高架下・東口より徒歩3分)、もしくは高速舞子バス乗り場(JR舞子駅 / 山陽電鉄舞子公園駅から徒歩5分)から、高速舞子バス乗り場(徒歩5分)へ。ここから、【神戸三宮・舞子~淡路島(福良)線】福良行きに乗車し、福良で下車。

<時刻表(大人片道\2300・往復\4140)>

三宮→福良 福良→三宮
三宮 高速舞子 福良 福良 高速舞子 三宮
13:10 13:40 14:43 18:40 19:43 20:13
14:10 14:40 15:43 20:40 21:43 22:13
15:05 15:40 16:43

 

*このほかの時間帯でのバスご利用については、別途こちらをご確認下さいませ。

 

*福良~三宮線+神戸(三宮)~大阪空港リムジンバスがセット割引となる片道乗車券:大阪空港リムジンバス

 

*福良バス停~会場:㈱DantoTileダントータイル技術研究所へは公演に合わせた時間帯に無料送迎バス【ANTIBO号】(予約不要)が走ります。

 

=お車でお越しの方々へ=

  • 淡路島ICもしくは淡路島南ICから、県道25号線【うずしおライン】に入り、約8KM南へ走行。会場㈱DantoTileダントータイルへ向かう。

◆Project MEMBERS◆

コンセプト/構成/音楽:カジワラトシオ

構成/振付:東野祥子

美術:OLEO

特殊映像:関口大和

Dance Performance :ケンジルビエン、吉川千恵、矢島みなみ、加藤律、ミナミリョウヘイ、斉藤成美、尾身美苗、菊池航、松木萌、今村達紀、小川摩希子、泊舞々、鶴家一仁、東野祥子  ほか

音楽:日野浩志郎(YPY)、Bonnounomukuro ほか

テクニカル:ハオニロ、淡 圭介、山本將史、ghetto : professional、コクレン悠馬ほか

火術:AbRabbi-油火- てっせい

VFX:Shinsuke Yamaji a.k.a. catchpulse

照明:トキメキライツ

音響:AKA-GASHI

衣装 : HE?XION!

宣伝美術 : 関根日名子

記録 : Yoshihiro Arai、井上嘉和、Foster Mickley、Isabelle Olivier

映像記録:Bemnmn、小川櫻時

食:月桃食堂、SWLほか

制作:滝村陽子

制作補佐・広報:髙橋理恵

協力:淡路交通株式会社、株式会社Danto Tile、shinsuke yamaji、八雄

主催:一般社団法人ANTIBODIES Collective

文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

 

======================

作品ノート

閉じ込められたとき
気に留まることがある
レンズに映った自分自身と
目を合わせないように俯いている
運ばれて行く人たちの顔が物語るのは
人生の彩りなんて本当は嘘ばかりで
ただ生きて快楽を味わう人と
生きることの代償を支払ってばかりの人が居る
それだけのこと
そんな光景から意識を逸らすために
小さな約束を寄せ集めて築き上げてきた
わたしのセキュリティー・システム
手帳の印とか、机の上に並べたアイテムとか
全てがワラしべみたいに
吹き飛んでいく気がして
ただ時折
ドクダミのような、大地のような臭いが
記憶の扉をノックして
わたしは立ち止まる
受け入れてきたこの人生というものが
その可能性に対してどの位置にあるのかを
自分というメジャーで測るために

 

======================

 

 

*昨今の新型コロナウィルス感染拡大状況に鑑み、「感染予防・拡散防止」に細心の注意を払い、ソーシャルディスタンスを鑑み、密回避をした公演内容とします。

検温・手指消毒・ご連絡先ご提供や署名などのご協力お願いをさせて頂きます。その情報は必要に応じて保健所等公的機関へ提出することもあります。

 

 

=お問い合わせ=

一般社団法人ANTIBODIES Collective (制作:滝村)

ADDRESS:〒606-0085 京都府京都市左京区上高野隣好町 2-5

080-4821-6545

contact@antibo.org

 

2021/9/20(Mon.祝) 

 

ANTIBODIES NEW MEDIA  SITE  OPEN!!!!!

『あなたは何をみているのか?』

リンクはこちら↓↓↓↓

ANTi-V.org

 

2019/9/20  ついにANTIBODIESが映像メディア発信をはじめます。

現在創作中のANTIBODIES Collectiveパフォーマンス映像、音楽配信、ジャーナリズム、音楽、美術、など多種多様なシーンの動画コンテンツ、ラジオ形式対談配信、グッズ販売、など、ANTIBODIESのアーティスト陣による様々なコンテンツを動画・音声にてこれから随時公開していきます。

閲覧ご希望の方は、ANTi-V Media siteにてANTi-V MEMBERs にご登録

をお願いします。12月31日までANTIBO制作の様々なコンテンツが見れる動画配信サイトに1000円よりご登録いただけます。いち早く仲間入りして、ANTi-Vメンバー限定グッズをゲットしてください♪

ANTIBODIES Collectiveを体験したことのない方、この機会にアンチボを映像で体験してみてください。皆様のご登録お待ちしております〜〜〜〜!

お見逃しなく!!!

 

How to become ANTi-V member?

∼ANTi-Vメンバーシップ サブスクリプション(全ての動画、音楽、配信視聴権限付き)登録の仕方!

 

a~eのANTi-Vメンバーシップよりお選びください。

a. ANTi-Vサブスクリプションオンリーメンバー ¥1,000〜

b. ANTi-Vサブスク+ANTi-V限定トート¥3,000〜

c. ANTi-Vサブスク+ANTi-V限定Tシャツ ¥4,500〜

d. ANTi-Vサブスク+ANTi-V限定Tシャツ+トート ¥6,000円

e. ANTi-Vサブスク+ANTi-V限定Tシャツ+トート+スペシャルグッズ+淡路島公演チケット ¥10,000〜

 

【全メンバーシップ共通のANTi-V利用内容】

●ANTi-Vで公開されるすべてのコンテンツをお楽しみいただけます。

●今回のメンバーシップ登録によるコンテンツ視聴期限は2021/12/31までです。

   ※次年度のメンバーシップ継続・更新については、年末DMにてお知らせをいたします。

●ANTi-Vメンバーは、いつでも過去のアーカイブ作品をご視聴いただけます(メンバーシップが失効すると視聴権限も失効します)。

●各メンバーシップ料金は、ネイムユアプライス方式、ご自身で金額を設定いただけます(下限設定のみあり)。

ANTi-Vの活動を応援くださる方は、お気持ちを上乗せする金額設定でドネーションによるご支援をお願いいたします!

●そのほかの利用規約など詳細については、ウェブサイトや登録フォームでご確認下さい。

 

 

====ANTIBO Owend media 製作に向けて====

私たちはメディアにおける表現の自由とその独立性を、市民権の最も重要な部分であると考えています。

近年、インターネットにおいてこれらの基本的な権利は危機的なペースで減退しており、このような現状に対して私たち自身もコレクティブな責任を負っているということを意識してきました。

パンデミックは自由なメディアが私たちの社会にとって如何に根本的な重要性を持っているかという事を物語っています。多くの人が苦しみ、死に直面している最中にも株価だけが上がり続け、資本家階級だけが大儲けをして笑っているという狂気の沙汰を目の当たりにして、この独占的な体制を支える冷酷な貪欲の恐ろしさを感じました。

それは私たちの社会意識が世界スケールの転換点を迎えていることを意味しています。よって私たちはテクノクラシー(高度な専門技術的知識や特許を独占し、経済と政治において支配的な権力を行使すること)のエージェントとして機能するメディアであるFBやYouTubeといった新自由主義的プラットフォームから意識的に距離を保ち、このディストピアの隠された可能性をより深く探求するという目的のもとに、自分たちによって運営されるHPに後退することを決心しました。

不必要に恐怖を煽り、社会を分断する今日のインターネットにおける情報操作は、憎しみの連鎖と終わりなき争い、更なる格差の拡大を意味しているのでは無いでしょうか?

そのような傾向に対するレジスタンスとして、そして私たち自身が育んできた公平で開かれた議論とコラボレーションの場所であるアンチボという運動のメッセージをより多くの人に届けたいという願いを込めて、新しいオウンド・メディア・プラットフォームの構築を模索してきました。偽りのインターネットによって封じられた創造力を解放し、あらゆる搾取的な構造と闘っていきたいと願うところです。

 

全てのコンテンツは私たち自身によるDIYであり、不便な部分もあるかもしれませんが、経験に学び、進化していきたいと考えています。

カジワラトシオ

We regard freedom and independence of media as crucial part of our civil rights. In recent years we have witnessed freedom of expression on the Internet being violated and threatened at an alarming rate, and we have come to realize that it was our collective responsibility to protect what is being demolished in front of our eyes.COVID-19 pandemic has revealed the fundamental importance of media freedom. We watched the screen as the richest doubling their net-worth while more and more people continued to suffer and die. How immensely perverse and immoral the hegemony and its endgames! A major shift in social consciousness is eminent among us all. We are preparing to depart from such dominating neoliberal platforms as FB and Youtube, and regress to a home-grown multi-media HP on WWW, keeping away the agents of Technocracy, and aim to continue exploring the Dystopia and its hidden potentials.Today the Internet is infested with divisiveness, intimidation and fear mongering. With censorship in the media we are destined to hate and eventually to endless wars and ever expanding inequality in our world. It is our collective challenge to counter such trends and to share with the world our own sustaining vision of openness and honesty. Resist global technocracy, liberate creativity from all exploitive systems!

Toshio Kajiwara